吹き出物は10代のニキビと治し方が違います!

10代の頃はニキビというのは基本的にTゾーンにできやすいです。

これは思春期特有の過剰な皮脂分泌のせいだからで顔の中でもTゾーンに皮脂腺が
集中しているためニキビもできやすいということになっています。

翻って大人になってできる吹き出物は、顎や口周り、フェイスラインといったUゾーンに
できることが多いです。このUゾーンは顔のなかでも乾燥しやすい部分ということからも
わかるように大人の吹き出物は皮脂とは関係ないんです。

では、何が大人の吹き出物の原因なのか?というと以下のサイトに詳しく解説されています。
顎(アゴ)ニキビを治す方法

ニキビができる原因が違うのでニキビの治し方も違ってきます。

皮脂を除去することが最優先の10代のニキビと違って、大人のニキビは肌環境作りが重要に
なります。ニキビだけにフォーカスするのではなく、肌全体の底上げを図らないといけません。

それがわかっていない人はニキビが治っても何度も繰り返す羽目になってしまいます。
大人ニキビは繰り返しやすいといわれますが、これは正しいケアができてないだけです。

ダイエットと同時に消えた膝の痛み

私、出産後に13キロ痩せました!
妊娠前の体重より3キロ落ちました!

食事のカロリーを必要最低限に抑えているので、
順調にダイエットできたという感じですが、
実は、ダイエットと同時に膝の痛みも消えたのです!

膝の痛みは体重の負荷で痛かったんだと、
今さらながら確信できました(汗)

でも、そう考えると今度はリバウンドしないように
気をつけなければ・・・と思いました。
リバウンドしてしまったら、きっとまた膝が痛むということなので。

そうならないように気をつけます!

大掃除しました!

しばらく忙しくしていて気がつけばパソコンを使う部屋が酷い有り様でした。

夫婦共有の部屋だけど、パソコンは夫婦別々。

部屋の右と左にそれぞれのパソコンを置いて、使ってるんだけど掃除するたびに主人が雑誌やらなんやらを散らかすので、すぐに足元がもので埋まっていきます。

パソコン部屋なのに、パソコンを使うためのイスを引くことも出来ず、さすがに腹が立ったので今日大掃除しました!

私もだいぶ掃除上手になったみたいで、前に掃除した時よりも短時間でささーと掃除することができて、こんなことならもっと前に掃除しとけば良かったって思いました。

ただ、ダンナのパソコン近辺スペースは片付けないでそのままにしてあるんですけどね。

勝手にやっても良かったんだけど、捨てちゃいけないものもあるかもと残しました。

あとは自分でやって欲しいです。

夏こそ保湿の理由。美白を効かせるのも保湿

夏こそ保湿しないといけないといいますよね。

理由は夏の肌は気温や湿度が高いこともあって血行がよく代謝がいいからです。
そのためこの時期にしっかり肌のバリア機能を立て直しおくわけです。

なんでもそうなんですが、乾燥してから保湿するのではなく乾燥を実感する前に
保湿しておくというのが大事だってことです。先手必勝とはこのことです。

ただ、問題になるのは夏は美白のシーズンだということです。美白は結構作用が
強いので肌に負担になります。そうそう、日焼け止めも肌に悪いですよね。

なので、肌に負担がかかるUVケアや美白ケアをしつつ、保湿をしてバリア機能を
立て直すという相反することをしないといけないわけなんです。

以前であれば諦めないといけなかった保湿と美白の両立ですがいまならできます。
そこまでコスメは進歩しているからです。

例えば乾燥肌をケアしつつ美白も叶えるのなら今流行りなのがクリーム美白です。
高機能クリームが敏感肌ブランドや高級ブランドからでてます。

参考:乾燥肌用美白クリームランキング<Best3>

トライアルもあるのでこの夏、試してみるといいですよ。

【君島十和子流】美肌にはオイルとコラーゲンが必須!?

君島十和子さんがテレビで美容のための食事法を紹介してました。
今48歳なんだそうですね、10歳は若くみえます。

で、どんな話をしていたかというとオイルを取ることの重要さとタンパク質の摂取についてで、
オイルというとニキビの原因になるとか太りそうというイメージがありますが、それは勘違いだそうです。

オイルにもオメガ6系とかオメガ3系などがあるわけで、タンパク質にも動物性と植物性があります。
それらを全部まとめて一緒に考えるというのがよくないんですね。

で、40代になるとオイルをとらないと肌がカサカサになるんだそうです。女性ホルモンが減って
皮脂が減るからでしょうね。化粧品も油分が必要になってくると思います。

それからなんといってもタンパク質ですよね。コラーゲンでもアミノ酸でもいいんですが
タンパク質は身体の土台ですからしっかり摂取しないとダメなんだとか。特に豚肉はビタミンB群が豊富なので積極的に食べたいところだとか。

この話をきいて健康食品のコラーゲンでもいいのかな?と思いました。

よくコラーゲンは意味がないと聞きますが、このサイト→「コラーゲン最旬情報」を読むかぎりはそんなことないみたいですし。

何よりタンパク質が肌の材料に欠かせないことを考えると肌にいいというのは間違いないと思うんですよね。
肌がぷるぷるだとか弾力がうんぬんというからダメなんであってタンパク質を食べると思えばいいんじゃないですか?

それともタンパク質で食べるのとコラーゲンの健康食品を食べるのでは効果が違うんでしょうか?

タンスの中身を整理しなきゃ!

もう少し先だけど、歳月・再来月には衣替えしないとな。タンスの中のものではちょっと暑いかな。フリースも去年はほんとにあたたかくていっぱい集めたっけな。

今年はフリースマフラーが欲しい。そろそろ置いてるよね~。なんか最近、喉が弱くなったのか風邪とかひくとすぐ喉が痛くなるんだよね~。だからまずは喉をあっためましょってことでね。帽子もフリースって暖かいんだよね。

頭も風ふくとひんやりするっ。今年、北海道へスノボに行こうかと思ってるからきっと重宝するよね~!北海道もひさびさ。美味しいものもたくさんあるし楽しみだな~。

レッグウォーマーにハマりました!

なんだかんだで去年たくさん集めたレッグウォーマー。家でも外でも愛用していました。あれって意外と秋口から履けて暖かいし、ほんとスニーカーでもブーツでもなんでも合わせやすいんです。

今年流のはきこなしってどんなだろう・・ちょっと調べてみないとな。ワンピでもブーツと一緒に履くとかわいいし、足元が一気に秋冬らしくなるんだよね。今年もショートブーツが店頭に置き始めたからさっそくチェックしにいきたいと思います。

タイツとレッグウォーマーの組合せは寒さ対策にもばっちりです。そういえば、この間ねいとこが遊びにきてまだ小さいんだけどね、室内は寒いからって足にレッグウォーマーをはいていてすごくかわいかったな・・

式場に付属したエステサロンで

私はハウスウェディングだったのですが、その式場にブライダルエステサロンの部屋がありました。
せっかくかだからエステは受けておきたいと思っていたところだったので、自分で一から探すより楽ということもありそこに決めました。

時期は式の一月半ほど前から、合計6回。
顔とデコルテ、二の腕、背中とウエストのマッサージや美白毛穴ケアなどが主で、式前日の最後の一回には産毛そりもありました。
肌アレルギーや化粧品の相性、どこが気になるか等の事前の聞き取りがとてもしっかりしていたのはブライダルエステならではだと思いました。

式場直結なので予約が込み合うことがなく、予定の変更がききやすいのと静かにゆったり施術を受けられるのはとても良かったのですが、毎回式場まで行かなければならず、利便性の良い場所にある式場ではなかったのでその移動だけが面倒でした。式直前はなおさら忙しくなりますしね。

忙しい職場にお勤めなさっている方ならば、通いやすい場所にあることを条件にエステサロンを選ぶのも大事かもしれません。ブライダルエステ早わかりガイドがオススメですよ。

多機能、簡単、コストダウンで良いとこいっぱいのオールインワンゲル

洗顔後のスキンケアといえば、化粧水に乳液にクリームに化粧下地…という風に何種類ものステップを踏むのが当たり前でした。
しかし、時間の無い時や夜遅い時などには、これらが何だか面倒くさく感じられたりします。

かといってケアの手を抜きたくない…という時には、オールインワンゲルがとても便利ですよね。

たいていのゲルは保湿、油分、美容成分、化粧下地など多機能で、洗顔後のスキンケアもゲル1本で完了できてしまいます。
また、1本で済んでしまうために何度も顔に手を掛ける必要が無くなり、肌に与える刺激も最低限に抑えられます。
しかも多機能なゲルであればあるほど他のアイテムが不要になるのでコストダウンにもなります。

自分の肌に合うお気に入りのゲルを見つけて、効率よくスキンケアしたいですね。

思春期ニキビを治す方法|オロナイン?ビフナイト?それとも・・
http://www.carpathianexplorer.com/

文房具オタクに遭遇

ママ友の集まりに参加した時、あまり親しくない方のペンケースがぱんぱんに膨れ上がっていることから会話がはずみました。
自他共に認める文房具オタクなのだそうです。日本の文房具が世界で高く評価されているというのは聞いたことがあるのですが、文房具オタクというのは初めて聞きました。最近は増えているそうで、文房具を愛するサークルというのもあるのだとか。そのママからは黒っぽい紙に書くと色が浮き出るマーカーや動物の形のクリップや輪ゴムを見せてもらいました。
まるで実演販売のようにマーカーを見せてくれたのが面白かったです。新作の文房具を見逃さないようにしていると言っていましたが、文房具専門の雑誌か何かがあるのでしょうか。
新作の情報を集めるのも大変そうです。